犬種のグループや特徴について!

ドギーワンダーランドのシノです!!

 

純血種のワンちゃんたちは、その生存目的や形態・用途によって
10のグループに分類されています。

 

日本ではJKC(ジャパンケンネルクラブ)というところが定めていて、
当ブログでも「3G」とか「5G」とか使っているので、ご存知な
方もいらしゃると思いますが、よく分からないという方からすれば、
「???」だと思いますので、この度はブログで書いてみました!

 

犬種グループ毎の特長や、代表犬種たちの特長もご紹介します!

ついでに、犬種によっては「愛称」を短縮形で呼ぶことも
多いので、その説明も併せてしちゃいますね♪

 

では始めましょう!!

 

【1st Group】牧羊犬・牧畜犬

 

英語ではシープドッグ・キャトルドッグといいますが、牧場で
オオカミ等の外敵から家畜を守ったり、家畜の群れを纏めたり
する仕事をしていた子たちです。

広い場所を駆け回っていたので、スタミナは抜群!  指示の反応も
早い子が多いのが特徴♪

 

代表的な犬種には、ラフ・コリー、ジャーマン・シェパード
なんかもいますが、当店の生徒では下記の犬種!

 

 

シェットランド・シープドッグ!
(愛称:シェルティ)

写真はルック!

 

シェルティは明るくて活動的な子が多いです。

少し用心深いところがあるので、声が出やすい
子もいますね(^^;)

見た目は「名犬ラッシー」でおなじみのラフコリーに
似ていますが、ラフコリーの方がだいぶ大きいです。

 

 

ボーダーコリー! 
(愛称:ボーダー)

 

写真は上がサン、下がサスケ&ミナト!

 

ボーダーというと、ボーダーテリアもいますが、日本では
殆ど見ないので混同することはないでしょう(笑)

個体により体格差が結構ある犬種ですね。

とっても働き者なので、色々な事を覚えさせたり、ドッグ
スポーツなども最適!  スタミナもたっぷりです!

ただ、本能的、衝動的な行動も出やすい傾向があるので、
しっかりコントロールしたいですね。

自動車、バイク、自転車に反応する子は注意して!

 

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク!
(愛称:コーギー)

 

写真はラリィ!

 

コーギーにはペンブロークとカーディガンが
いますが、登録頭数は圧倒的にペンブロークが
多いです。

コーギーも牧畜犬のご多分に漏れず、とても活発!

とっても明るい子が多いですが、声の大きい子も
多いかな!?

 

 

【2nd Group】使役犬

 

このグループは、番犬、警護、作業をする犬たちです。

軍用や防衛といった仕事が多いグループなのですが、
スイスマウンテンドッグのような遭難救助だったり、
ピンシャー&シュナウザーのようにネズミ捕りや
家畜番といった作業をする子も含まれる、幅広い
作業犬が含まれています♪

 

代表的な犬種として、グレート・デーン、セント・バーナード、
バーニーズ・マウンテン・ドッグ、ボクサー等、有名どころが
たくさん!

 

当店の生徒だと下記の犬種!

 

 

ドーベルマン!
(愛称:ドベ)

 

写真はラッキー!  

まだパピーなので、断耳後の型が付いて
ますが、そのうち取ります。

 

ドベは物覚えが良い、とても訓練性能の高い子です。

自信に満ちていて、いかにも動揺しないところが
この犬種の特長の一つ♪

 

少し神経質な一面が出ると、他の動物に対して
乱暴になるかもしれないので、しっかりと社会化と
トレーニングをする必要がありますね!

 

 

ブルドッグ!
(愛称:ブル)

 

写真はドロンジョ!

 

もともとは雄牛と闘わせるために作られましたが、
今の子たちは陽気で穏やかな子が多いですね♪

超短頭種なので、温度管理には非常に気を使います。
そして、ダブダブの皮膚なので皮膚疾患にも注意!
遺伝子疾患も比較的多い犬種です。

 

 

ミニチュア・シュナウザー!
(愛称:シュナ)

 

写真は左から、デニム、ルヴィ、グリ、ユリ!

 

ネズミ狩りに使われていた犬種ですが、今では
完全なコンパニオンですね!

性格は明るく、好奇心旺盛♪  フレンドリーな子ばかり!

ネズミ狩りの経緯からアメリカではテリアに属しますが、
一般的にテリアほど頑固さは少ないとされています。

ちょっと元気さが声に出る子もいますね(^^;)

 

 

【3rd Group】テリア

テリアはラテン語で「テラ(地球、土)」という意味です。

小動物狩りに使われたのがテリアのルーツで、執拗に
狩り出し、勇猛果敢に駆除することが求められた経緯が
あります。

いわゆる「テリア気質」と言われる、頑固、粘り強く
諦めない、陽気、敏捷、喧嘩で退却を考えない等、
いかにも! といった気質が根底にありますので、例え
小型でもしっかりとトレーニングしましょう(笑)

 

ボストンテリアを除く全てのテリアには「テリア」が
名前につくので分かりやすいですね!

 

当店ですと下記犬種!!

 

 

エアデールテリア!
(愛称:エアデール)

 

写真はブン太とポルコ!!

 

エアデールについては過去ブログで取り上げて
いるので、そちらをどうぞ!!

 

エアデールテリアのお話♪ クリッククリック

 

 

ヨークシャー・テリア!
(愛称:ヨーキー)

 

写真はターボとハッピー!

 

ヨーキーはネズミ狩り用に作られました。

最も小さいテリア種となりますが、テリア気質は
強めに持っていますので、しつけはしっかりと
行いましょう!

 

社会化もお忘れなく!

 

 

ジャック・ラッセル・テリア!
(愛称:ジャック、JRT)

 

写真は、ぽこ!

 

とにかく元気爆発な犬種!

明るく好奇心旺盛で腕白で疲れ知らず!

 

大人しい小型犬をイメージしていると
大変な事に(笑)

 

社交的なのでたくさん運動が出来れば、楽しいドッグライフが
過ごせると思いますが、テリアなのをお忘れなく(笑)

 

 

【4th Group】ダックスフンド

テリアよりも更に犬種を絞ったグループですね。

アナグマやアライグマ、兎等の狩りに使われた犬種。
ドイツ語でアナグマは「ダックス」、フンドは
「獣猟犬(ハウンド)」という意味です。

巣穴に潜り込めるよう、胴長短足に作られました。
胴長のツケで、ヘルニアリスクが高い犬種です。
体重管理や抱っこの仕方には十分ご注意を!!

小動物狩り用な事から、かつてテリア気質に
近いと言われていましたが、最近では猟犬気質より
明るい性格の子が多いようです。
明るさが声に出る子もチラホラ(^^;)

 

そして、ダックスフンドは大きさにより、
「スタンダード」「ミニチュア」「カニーンヘン」の
3種に区別されます。

これは胸囲で区別されまして、30cm以下はカニーンヘン、
30~35cmはミニチュア、35cm以上はスタンダードです。

スタンダードは結構大きく見えますよ!

 

当店ではミニチュアとカニーヘンの子が来てくれて
います♪

 

ミニチュアダックスフンド!
(愛称:ダックス)

 

写真はムックとらい!

 

 

カニーヘンダックスフンド!
(愛称:カニーンヘン、ダックス)

 

写真はマリン!

 

 

【5th Group】原始的な犬・スピッツ

英語ではプリミティブ&スピッツタイプという
カテゴリーです。

スピッツとは、ドイツ語で「尖った」という意味があり、
口吻が尖り、立ち耳なのが大きな特徴♪
日本犬の殆どはこのグループに属します。

その他、シベリアンハスキー、チャウチャウ、日本スピッツ(笑)も
このグループですよっ!

古くからあまりスタイルの変わらない子たちなので、比較的
オオカミに近いとも言われています。

警戒心の強い犬種が多いので、しっかりトレーニングする
必要があります!

 

 

当店で5Gと言えば、下記の犬種たち!

 

 

ポメラニアン!
(愛称:ポメ)

 

写真は左から玄、こげまる、くぅ、ビップ、セレブ、
手前に麦!

 

スピッツ系の犬では最も小型の犬種です。

9Gのコンパニオン&トイのグループかと勘違いする
人もいそうですね。

 

もともとは大型だった名残があり、自分より大きい
犬に向かって行ったり、むやみに吠えかかったりする
子もいます(^^;)

人に対してはとてもフレンドリーな子が多いので、
人気の犬種ですね~♪

 

 

柴犬!
(愛称:シバ)

 

写真はあずきとチコ!

 

日本で最も人気のある和犬になります。

柴とは「小さい」という意味になりますが、昨今の
日本の犬事情からすると、小型犬という訳には
いかないハズだったのが・・・

最近は「豆柴」と呼ばれる小型の柴が結構見られる
ようになりましたね!

 

当店では5kgから15kg超まで結構幅広いです。

 

気質としては自立心の強い犬種となります。
頑固なので、しつけは頑張りましょう!

警戒心が強くなり過ぎないように、社会化には
注力した方がいいと思います。

あと、触られる事に抵抗がある子も多いので、
パピーのうちから触られ慣れておくと、誰からも
愛される子になるでしょう♪

 

 

秋田犬!
(愛称:アキタ)

 

写真はナナ!

 

日本犬の中で最も大型です!

 

もともと闘犬に使われていたそうで、闘犬が
衰退してからはマタギに使われた経緯があります。

 

堂々として落ち着いた子が多いのですが、中には
喧嘩っ早い子もいるので、注意が必要です。

表情が出づらいので、いきなり! という事も
多かったり(^^;)

 

十分な社会化と十分なトレーニングが必要です!

 

 

【6th Group】嗅覚ハウンド

セントハウンドと呼ばれるグループ。
非常に鋭い嗅覚を持っており、臭いで獲物を
追跡して、ハンターに居場所を教えます!

大きめの鼻と垂れ耳が特徴で、集団行動は
得意分野。攻撃性はとても低い子が多いものの、
吠えが出やすい一面もあります。

代表犬種は下記に紹介するビーグルですが、
101匹ワンチャンのダルメシアンや犬の中で
最も嗅覚が鋭いと言われるブラッドハウンドも
もちろんこのカテゴリーです♪

 

ビーグル!

 

写真は上からレイラ、win、レオン!

 

 

ビーグルは「スヌーピー」のモデルになった
犬種ですね!

明るくて人懐っこい子が多い印象♪
この性格も人気の秘密でしょう!

 

その他、柴もそうですがビーグルも猟犬時代に自分の
判断を求められた経緯があるため、独立心の強さから
ちょっと頑固さが出る一面があります。

トレーニングの時は、頑張る必要が出る子も
いますね(^^;)

声が出やすい子がとても多い印象です。

 

 

【7th Group】ポインター・セター

鳥猟犬のうち、獲物がいる場所を教える役割を
担っているのがこの子たち!

ハンターが到着するまで、前片足を上げて獲物の位置を
知らせるのがポインター種、伏せて位置を知らせるのが
セターです。

 

当店にはあまり生徒がいないグループ(^^;)

 

過去に来てくれたのはこの犬種!

 

イングリッシュセター!

 

写真はラヴィ!

 

先日、某ドッグランでばったり会いましたが、
立派な成犬になっていました!

 

イングリッシュセターは穏やかな子が多い印象♪

とても体力があるので、たくさん運動させてあげると
良いでしょう!

 

 

ブリタニー・スパニエル!
(愛称:ブリタニー)

 

写真はジョン!

 

フランスでは人気の犬種♪

スパニエルと付いていますが、ポインターの
仲間になります。

非常に優秀なガンドッグ資質があり、スタミナも
抜群ですから、たくさん運動させてあげる必要が
あります!

 

 

【8th Group】7G以外の鳥猟犬

ポインター、セターを除く鳥猟犬という事で、レトリーブ、
フラッシングあたりを得意とする犬種のグループ!

レトリーバーは撃ち落とした獲物を持ってくるのが仕事、
フラッシングは隠れた鳥を飛び立たせるのが仕事です。

 

当店では、下記犬種が来てくれてます!

 

ラブラドール・レトリーバー!
(愛称:ラブ)

 

写真はベレ!

 

明るく活動的、とってもフレンドリーで、
トレーニングもよく入ります!

性格的にも優しい子が多いですし、
大型なのに人気が出るのも頷けます♪

 

ただ、パピーの頃は、相当ヤンチャなことが
多いので、頑張って飼う必要があります(笑)

 

引っ張り癖が付くと、お散歩がとても大変なので、
早め早めにしつけを始めると、とても飼いやすい
子になると思います♪

 

 

ゴールデン・レトリーバー!
(愛称:ゴールデン)

 

写真はアンナ!

 

温和で従順、かといって遊びは大好きという
犬種。

他犬にも子供にも優しく、学習意欲も旺盛という
優等生犬種!

 

ラブと同じく、パピー時はヤンチャな子が多いです!

しつけは早いうちからしっかり取り組むことで、
優秀な家庭犬になるでしょう♪

 

乱繁殖の弊害からか、ごく一部の子に荒っぽい行動が
見られますが、大型な子ですのでしっかりコントロール
してあげましょう。

 

 

アメリカンコッカースパニエル!
(愛称:アメコ)

 

写真は、よもぎ!

 

人懐こく、甘えん坊なイメージのアメコ!

もの覚えも良く、飼いやすい犬種だと
思いますが、まれにある遺伝子疾患が気になる
ところ。

 

 

【9th Group】愛玩犬

コンパクトドッグとトイドッグです。

元々は上流階級の人たちが抱き犬として可愛がる
目的で作られた子たち。

抱きやすいように小型な子が多く、見た目も
可愛らしい子が多いのも特徴です♪

 

当店にも下記以外に、フレンチブルドッグ(愛称:フレブル)、
キャバリア、パピヨン、パグ、ビションフリーゼ(愛称:ビション)、
ペキニーズ(愛称:ペキ)、マルチーズ(愛称:マル)、シー・ズーと
たくさんの犬種が来てくれています!

 

で、代表選手はこの犬種たち!

 

トイプードル!
(愛称:トイプー)

 

写真は、もも!

 

プードルは大きさによってスタンダード、
ミディアム、ミニチュア、トイに分かれます。

当店に来る殆どのプードルはトイですね!

 

利口で物覚えが良く、抜け毛も少ないので
飼いやすいと日本では大流行中です。

 

しつけも非常に身につきやすいのですが、賢いだけに
甘やかすと超わがままにもなり得る犬種(^^;)

ご飯食べなければ、もっと美味しいものが出て来ると
学習している子もかなりいるのでは!?

本当に食いつきの悪い子もいますが・・・

上は一例ですが、早めにトレーニングをしてあげましょう!

 

膝蓋骨の緩い子も多いようで、当店に来ている
子の中でも結構見られます。

 

 

チワワ!

 

写真はリロ!

 

チワワは犬種の中で最も小さい体格です。

小さいが故、警戒心を強く持つ子が多いかな。

飼い主さんには気を許すものの、知らない人には
甘えられない子が多いので、早いうちから社会化を
しっかりしてあげると良いでしょう。

保温能力が低いので、寒さ対策をしっかりと!!

 

 

ボストン・テリア!
(愛称:ボステリ)

 

写真は琥太郎!

 

快活で遊び好き!  人懐こく、とってもフレンドリー♪

お調子者が多く、テンションが上がり過ぎる子も(^^;)

 

短頭種ですから、暑いのが苦手。被毛も短いので
寒いのも苦手です。温度管理をしっかりと!!

 

【10th Group】視覚ハウンド

獲物を目で確認して、脚力を生かし獲物を捕らえる
目的の子たち!

目は比較的正面が見やすいようになっていて、遠くまで
見えるように体高が高く、とにかく足が速い!!

 

当店では、サイトハウンドも種類は少なめ・・・

 

今のところ来てくれたのは、下記の2犬種だけです!

 

 

イタリアン・グレーハウンド!
(愛称:イタグレ)

 

写真は、りこ丸!

 

歴史は非常に古く、紀元前と言われます。

遊ぶのが大好きですが、神経質な子も多く、
警戒心に富む子もいますね。

喧嘩が強くないので、逃げ足は超早いです(笑)

 

とにかく寒さにまるで弱いので、防寒対策は
しっかりと!!

 

 

アフガン・ハウンド!
(愛称:アフガン)

 

写真は上がレオン、下は命(メイ)です。

命は残念ながら病気で亡くなってしまいましたが、
パピーのレオンよりアフガンらしい容姿なので、
登場してもらいました!

 

紀元前4000年にはすでにいたと言われるほど
起源が古い犬種!

とってもタフなので、たくさんの運動をしてあげ
ましょう!

頑固なところが結構ありますので、しつけは頑張って
行う必要があります。

 

お手入れは手が抜けません!  こまめにブラッシング
しないと、すぐフェルト状になってしまいます(^^;)

 

 

以上、10グループまで簡単にご紹介しました!!

ご紹介出来なかった犬種も多くてごめんなさい。

 

いろいろとご参考にしてくださいね!

 

 

以上、シノでした!!

 

 

千葉駅から徒歩10分! しつけ教室&犬の保育園
犬と猫のペットホテル
ドギーワンダーランド 043-301-4238
080-6740-1212